聴診器

脊柱管狭窄症の治療を受けて快適な日常を取り戻そう!

専門医に受診しよう

看護師

甲状腺は亢進症や低下症の他に、がんが発生する可能性もあります。がんが発生する血液と共に全身に巡るので、転移するリスクがあるのです。生命活動を担っている器官なので診察と治療は早い段階で行なっておきましょう。

もっと詳しく

工夫がされたクリニック

キッズ

子どもの体調が悪い場合は、伊丹の小児科に連れて行ってあげると良いでしょう。子どもが怖がらずに受診できるように様々な工夫がされています。駅周辺のクリニックだと通院しやすいです。

もっと詳しく

症状が重度の患者が優先

病院

夜間に体調が悪くなった場合は、浦安の医療機関を受診しましょう。夜間診療を行なっているため、遅い時間帯でも診察をしてもらうことが可能です。症状が重度のときに利用した方が良いです。

もっと詳しく

保存療法と手術療法

診断

これから脊柱管狭窄症の治療を受けようと思っている人は、治療の流れや把握しておくことが大切です。まず病院を受診すると問診を行ないます。問診をスムーズに進めるために、事前に症状のセルフチェックをしておきましょう。問診が終了するとレントゲン検査、MRI検査、脊髄腔像影検査を行ないます。必要な検査の工数は、受診した病院の設備内容によって異なるため確認しておくといいでしょう。

検査を受けると、いよいよ脊柱管狭窄症の治療に入ります。脊柱管狭窄症の治療は保存療法と手術療法の2つに分けることが出来ます。保存療法の内容としては薬物療法やリハビリ療法などになります。たいていの場合は保存療法をまず行ない、それでも効果が見られない場合に手術療法に移るというのが一般的な流れになります。また脊柱管狭窄症の治療では、日常生活の過ごし方も非常に重要になってきます。治療を担当する医師のアドバイスをしっかりと聞いて治療に専念することが大切です。

脊柱管狭窄症は中年以降で発症することが多いこともあり、年齢や体力的なことを考えて手術療法に踏み切れない人もいます。しかし手術療法を受けることで症状が改善し、快適な日常生活を取り戻すことが可能なのです。手術に関する知識が少ないとどうしても不安になってしまいがちです。手術療法に関して不明な点や疑問に感じる点があるなら、些細な事でも医師に相談することが大切です。そうすることで不安を覚えることなく手術に臨むことが出来ます。